第28回WordBench大阪に参加して(4/19)


アレ、WordPress 3.9になってから本サイトの表示がかわってるな〜。
またテーマを選び直さねばならないのか・・・。テーマ見ていると有料版が増えたなぁ。探すの面倒だから当面はこれでいいか・・・。

さて、本日の会場は株式会社ファーストサーバーの会議室。
京阪電車に揺られたりしながら1時間30分、、、少しウトウトしていたら、あやうく北浜で降りそびれるところでした・・・。

第28回WordBench大阪風景

今回の会場は電源も潤沢にあり、ネット環境もあるのでそういう面での不安は全くありませんでした。

プログラム

WordPress の本質からアクションフック・フィルターフックまで、まるで WordPress のテーマパークや〜!

  • テーマ作成する前に知っておくべき WordPress の本質
  • アクションフック・フィルターフックについて
  • クライアントワークで使える設定、プラグイン、カスタマイズ
  • ブラウザだけで WordPress の開発環境を構築(ハンズオン)

個人的には、手持ちのChrome Bookでハンズオンを試してみたいと思って持って行きましたが、ハンズオンについては残り10分での作業ということもあり、利用方法を確認するだけにとどまりました・・・。

今日はKAITEさん(@ixkaito)の発表でした。冒頭、失恋を切っ掛けに、失恋.jpを作成されたという紹介が・・・。ごっ、ご苦労さまです・・・。でもそういう負のパワー?をクリエイティブな事で発散するってのはいいですね!私もストレスたまったからシステム開発にして発散していたりするので、この気持は少しわかります。
ちなみに日本語ドメインの場合には、そのままURLに書くとリンク先がないっていわれるので、日本語URL変換ツールアフィリエイトツールの N7.com) でエンコードしました。

いつものごとく、下記は発表者の発言やプレゼンのメモです。
筆者個人のメモやコメントは「※」あるいは<筆者メモ>というカテゴリにまとめてます。

テーマ作成する前に知っておくべき WordPress の本質

静的サイトと動的サイトの違い

  • 静的サイト:実態のあるファイルへの参照
  • 動的サイト:ユーザーのリクエストに応じてサーバーがページを作成

比喩としては
– 静的サイト:缶コーヒーの自動販売機
– 動的サイト:挽きたてコーヒーを提供する喫茶店
というのを考えてみた!

テーマの構成説明

ローカル環境に入れたWordPressのファイル構成を見ながら説明
ファイル名が重要で、テーマ内に特定の名前を入れることで特定のテンプレートの役割を割り当てられる。

例として、テンプレートファイルとしては、「home.php=フロントページ」、「個別投稿ページ=single.php」「アーカイブ=archive.php」など。

より知りたい人は、Codexのテンプレート階層を参考に!

アクションフック・フィルターフックについて

システム構造:「テーマ」+「プラグイン」→WordPressコア = データベース

  • WordPressでは、WordPressコアファイルはカスタマイズしない

これが不文律である。
※WordPressはそうすることで、本体アップデートを簡単に出来るようにしている。

じゃあ、そのコア部分が提供する機能を追加・削除したい場合にはどうするのか。
それがアクションフックやフィルタフックとなる。
これを提供している機能のことをプラグインAPIと呼ぶ。
※ functions.phpに書き込むか、プラグイン化するかの選択肢あり。
※ WordPressに対して後から追加・削除したい機能について、フック登録しておくことで所定の手続きを使えば実現できるという仕掛け。

  • 追加は、「add_filter」関数に自分で作成した関数を登録する。
  • 削除は、「remove_filter」関数に登録する。

※ 問題はどのタイミングで、どこに対して作った関数内の処理を適応するかということかな。ちょっとこのあたりやったことないとイメージが湧かないと思うので、例をあげておこう。

<筆者メモ>

Pタグの自動追加を削除したければ、それをやっている「wpautop」関数(WordPressの標準機能/関数)を削除すればいい。

remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );

ということになる。

the_contentは、記事や固定ページの内容を表示するテンプレートタグと呼ばれる関数で標準搭載される。
“`
その表示する直前のタイミングで実行されるはずのPタグを追加するwpautop関数を無効化するとPタグ追加がされないという感じですね。

あとフィルタとアクションの違いは、
http://hijiriworld.com/web/wordpress-action-filter/
あたりが分かりやすいかな。

つまり、特定のアクション(公開ボタンを押したときに適応とか)をしたときに処理する場合はアクションフィルタ、内容を表示するときなどなら、フィルタかな。

アクションのほうは、以前公開時にカスタムフィールドに入れたデータを投稿内容の方に追加しておくとかで実装したことあったな〜。
https://github.com/kimipooh/groupview-advanced-custom-field/ か。
自分でアップしておいて何やってるか忘れた・・確か頼まれて作ったような。。。また使っているサイトをみてGitの方にREADME作っとかないと分かりませんよね、、、 (^^;

クライアントワークで使える設定、プラグイン、カスタマイズ

いくつか記載漏れがあります…追い切れなかった..
そしてそれぞれ紹介したプラグインの具体例を含めた説明をされた。

  • Login LockDown
    何回かログインに失敗したときにロックするプラグイン
  • Crazy Bone
    ログイン履歴を確認できる
    ※最近全WordPressに導入完了した。なかなか良いプラグイン
  • BackWPup
    バックアッププラグイン、機能が抱負
    ※必須はこの有料版を使っている、、データベースだけでなくファイル自体もバックアップしてくれるのがナイス!しかもコマンドラインツールが用意されているのも最高。
    -WP Total Hacks
    いろいろできるハック系プラグイン。Bench大阪にも結構来られている宮内さんのプラグインですね。http://firegoby.jp/wp/wp-total-hacks で紹介されてます。
  • Google Analyticator
    ※筆者も全WordPressに入れてます。予めGoogle Analytics作っておいて、そのアカウントでログイン状態ならこのプラグインから紐付け設定がボタンでできちゃうんですよね。
  • Advanced Custom Field
  • Custom Post Type UI
  • Intuitive Custome Post Order
    投稿順番を変更できる
  • Codepress Admin Columns
    管理画面の投稿一覧に表示される絡むを追加削除してくれる
  • Admin Post Navigation
    投稿管理画面に前と次の記事へ飛ぶリンクを用意
  • Ultimate TinyMCE
    ソースを簡単にいじれるので便利
  • Default Thumnail Plus
    アイキャッチ系プラグイン
  • Parent Category Toggler
  • Simple Image Sizes
  • Contact Form 7
    問い合わせ系。
    ※確認画面はないんですが、それを拡張するプラグインが公開されてます。Contact Form 7で確認画面を出すには(プラグイン編)
  • Trust Form
    問い合わせ系
  • Really Simple CSV Importer
    CSVで一括投稿してくれるプラグイン

タクソノミーとは?

分類のこと。

ブラウザだけで WordPress の開発環境を構築

  • Nitrous.io
    まずはユーザー登録が必要。
    ※とはいえ、GitHUB、Google、Lindlenのアカウントでログインできるので、GitHubアカウントでログインしてみた。

※使い方についてはちょっと追えなかったので、後からチェックしてみようかな。
感じとしては、PHPを選んで作成。

<筆者メモ>

作成して、IDEボタンを押した後、上部の「AutoParts」から「WordPress」を検索して、インストールすると、これを動かしている状況でWordPressのサーバーが用意されている。テスト環境としては使える(人に見せる場合)。
実際にWordPress

無料版は1つのみ作れる。
テスト環境を消したければ、Terminateボタンで削除できる。

逆に言えば実験終わったらShotdownしたおかないと不正アクセスされる(デフォルトのWordPressのパスワードのままにしないことも注意ですね!)ので気をつけないといけませんね。(ほっておいたらヤバイ!サーバーが起動しWordPressが起動したままになるので)

とかまた見てみよう・・・。

2014年4月19日 木谷

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中