第19回WordBench大阪に参加して


午前中は子どもたちを習い事に連れて行って、若干時間が押してしまって、遅刻 (><)

今回はプラグインを作ろうという実践的なものなので、メモはあまりありません。

私のグループは、add-mime-types のディレクトリ登録を目指しました。
これ審査がいるの忘れていて、そこでストップ。
スクリーンショット 2013-07-20 17.15.54

しまった、前から審査だけは通しておけばよかったなぁ。
とりあえず https://github.com/kimipooh/add-mime-types に掲載。

やってみて思いましたが、プラグイン作成していない方々に対していかにコーディングしてもらうのかというのが結構大変で、でも面白かったです。今回はデモ的な登録なので、機能的にはいまいちですが、最終的には管理画面から設定できるツールへと昇華する予定です(そのコーディングはすでにほぼ出来上がっている)
add-mime-typesの拡張

関連情報

宮内隆行さん(@miya0001 http://firegoby.jp/ )による説明

メリット

作成したプログラムをプラグインにしておくと、後で修正するときに一括で可能となる。
顧客が複数あったとしても、特に現地に出向く必要がない。

プラグイン名がかぶると、公式ディレクトリに登録しているほうが正式版となってしまう。

デメリット

readme.txtをちゃんと書かないといけない

注意点

を見ればいい。

ファイル名:機能名が分かるやすいようにしたほうがいい

ディレクトリ名:後から変更できないので、考えておく必要がある

ライセンス:PHPはGPL互換であること、公式ディレクトリに登録するとCSSや画像も含めてGPL互換である必要がある。JavaScriptライブラリのチェックも要注意

文字コード等:UTF-8で改行コードはLF

ファイルヘッダ:

上記をしてくれるプラグインがあるよ

pluginception: http://wordpress.org/plugins/pluginception/

公式ディレクトリ登録に関して readme.txt(大曲仁さん(@jim0912)

実践!プラグインを作ってみよう(進行:宮内隆行)

候補機能

https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AurNA9EKkeC8dG1BRURVQnF2S24zbnEwUDJmNkVHRUE&usp=sharing

の説明

その他

WordPressの投稿画面にボタンを追加したい

ショートコードいろいろ

ショートコードって何かという話で入って。。。

出力するときの手法で、ob_startを使った。

ob_start();

echo いろいろ作って

setup_postdata($post); とかで変数を入れる

wp_reset_postdata();
$rc = ob_get_clean();

return $rc;

add_mime_types

テーマを無効にする

潮汐表

Monacaクライアント

ショートコードを作るためのカスタム投稿を作成

その他メモ

ディレクトリ公開のためのsvnディレクトリ説明

  • trunk: 開発版など最新バージョン
  • tags: リリースバージョン
  • branes: 傍系バージョン
  • assets:ヘッダやスクリーンショット画像

2013/07/20 木谷

広告

第19回WordBench大阪に参加して」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WordPressプラグイン「WP Add Mime Types」の公開 | Kimiya Kitaniの徒然なるブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中