独自ドメインのサブドメインにGoogleサイトを割り当てるには


実際にやってみて「思い込み」によって戸惑ったため、ここに纏めておきます。

目的

個人向けGoogleサイトのURLを、独自ドメインのサブドメインに割り当てたい

実験

つまり、http://gtest.kitaney.jp にアクセスすれば、URLはそのままで「https://sites.google.com/site/kimipooh/」の内容が出てくる、ということです。

以下、上記の実験サイトにて目的を実現するまでの過程を追っておきます。

準備1)DNS設定にCNAME(gtest)を追加

  • gtest   IN  CNAME   ghs.google.com.

がBIND系DNSの設定です。このあたりの詳細は、Googleサイトヘルプ「サイトを独自URLにマッピングする」の「CNAMEレコードを変更する」を参考にしてください。

準備2)ウェブマスターツールを使ったドメインの認証

ここで引っかかりました。認証が必要なのは、サブドメイン「gtest.kitaney.jp」ではなく、ドメイン「kitaney.jp」となります。また下記はDNSのTXTレコードを使った認証方法の例をあげておきます。

  1. ウェブマスターツールにログイン
  2. 「サイトを追加」ボタンをクリック
  3. 管理するサイトURLに「kitaney.jp」(ドメイン)を入力
  4. 「ドメイン名プロバイダ」を選択(おすすめの方法か、別の方法タブから選択)
  5. 利用しているDNS管理会社を選択するか、なければ「その他」を選択します。
    ※以降「その他」を選択した場合の例をあげます。選択肢にあるなら、その指示にしたがえばよいと思います。
  6. 表示されたTXTレコードをメモ(google-site-verification=長い文字列)
  7. ウェブマスターツールの画面はそのままにしておいて、DNS設定のTXTレコードにメモした文字列を登録
  8. ウェブマスターツールの画面に戻って「確認」を押す。

※失敗した場合には、DNSのTXTレコードがまだ反映されていない可能性があります。その場合にはしばらく待ってから試せば良いと思います。

またこの一連の作業については、AdminWebというサイトで、TATSUO IKURAの記事「DNS(TXTレコード)による所有権の確認」で丁寧に纏められています。

準備3)Googleサイトに独自ドメインのサブドメインを登録

  1. 個人向けGoogleサイトにログインします。
  2. 「その他」→「サイトの管理」を選択します。
  3. 左サイドメニューの「ウェブアドレス」をクリックします。
  4. 「ウェブアドレスを追加」のボックスに「gtest.kitaney.jp」を入力してEnterボタンを押します。

kitaney.jpのドメイン認証を準備2)で終えていれば、そのまま登録され、即座に、「http://gtest.kitaney.jp」へアクセスすると、「https://sites.google.com/site/kimipooh/」の内容が閲覧できると思います。

参考サイト

上記サイトの日本語翻訳の方は、「’Domain is no verified’ error when mapping」の項目が抜けています。これは修正されると思います。

2012年12月27日 木谷

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中